スペインギター振興会 セファルディ【】

スペインギター[職人&製作所]紹介

スペインで活躍中のギター職人を紹介します。

このページのトップへ戻る

フランシスコ・アルバ

ギター製作のみならず、宝石細工、大工仕事、建具、家具作りから、水道、電気、時計、パソコン、携帯電話に至るまで、何でも器用に修理する卓越した手先の器用さは(店長もグラナダ時代,ギター以外でも色々お世話になりました)、特にその繊細な木工センスにおいて発揮されます。

 

クラシックギターはスペイン製クラシックギター独特の”乾いた重さ“の角を取った様な円やかさ。同じく、円やかに角の取れたギンギンのフラメンコギター。しかも、バカでかい音量です。

 

スペイン人でありながら、ジプシーの血(祖母)を引くフランシスコ・アルバの独特の感性が、この独特の乾いた艶のある音色の作風を生み出しています。

 

グラナダ出身。製作歴15年。スペイン各地の名工達が高齢となった今、次代を担うスペインギター界のホープの中でも、一際異彩を放ちます。

このページのトップへ戻る

フランシスコ・サンチェス

スペイン・セビージャ県のオリーブ畑に囲まれた片田舎で、黙々とギター作りに励む孤高の製作家。趣味でギターを作っていた大工の父から、少年期に手ほどきを受けた以外は全くの独学。

 

生涯目にした5本のマルセロ・バルベロ一世のギター(クラシック1&フラメンコ4本)に感銘を受け、表面板や力木など、その工法を多いに取り入れ、ハカランダ、ローズ、糸杉はもちろん、更なる研究のため、通常、ギターには無縁の様々な木材での製作にも取り組む。

 

店長とは同い年であり、セファルディの良き理解者でもある。セビージャ県出身。製作歴30年。

 

このページのトップへ戻る

フェルナンド・モレーノ

フェルナンド・モレーノはカディスのギター工場バレリアーノ・ベルナールのグラナダ店(現在は消滅)の雇われ店長時代、故アントニオ・アリサ、アントニオ・マリン、ビクトル・ディアスの師事を仰いだ後、故郷セビージャ市郊外に工房を構えている。フラメンコギター専門の若手製作家。

 

温厚な性格とは全く裏腹な、マシンガンを思わせる、鋭いが、野太く乾いた音色のフラメンコギターは、確実に地元のスペイン人ギタリストに浸透しています。製作歴 15 年。 

このページのトップへ戻る

プルデンシオ・サエス(Prudencio Saez)社

1963年バレンシアで創設されたギター製作所。セファルディの各種普及モデルを担当。

 

現在は3代目のプルデンシオ・サエス・マリンが祖父、父の後を継ぐ。

 

現在、多数の有名スペインギターメーカーが中国に作らせ、自社製として世界に売り捌く中、スペイン製に拘り続け、孤軍奮闘する。冒頭の写真の如く、生前のパコ・デ・ルシアと兄ラモン・デ・アルへシラスとは親交が深かった。

 

プルデンシオ・サエス社のギターは世界中で高評価を得ています。

https://www.youtube.com/watch?v=f6Lxl1tcR1s  

https://www.youtube.com/watch?v=SpIHOOvky4k 

このページのトップへ戻る