スペインギター振興会 セファルディ【】

スペインギターとは

日本人には何となくギターはスペインのイメージがあります。60年前、スペイン人ギタリスト、故ナルシソ・ジェペスが弾いて世界的に認知されたスペインの名曲、禁じられた遊びの影響が未だに根底にあるのでしょう。私も小学5年生の時に買ってもらったクラシックギターで、歌謡曲の歌本のコードを押えてジャラジャラ鳴らしながら、いつか禁じられた遊び、アルハンブラの想い出、アストゥリアスなど、何故かスペインの曲に惹かれ、結局、高2の世界史の教科書に載っていたアルハンブラ宮殿を見て、「よし、行こう。」と決めました。若かったですね。そして、14年後、本当にアルハンブラ宮殿で観光ガイドとして10年間働く事になるとは、夢にも思いませんでした。それ以前は道でギターを弾いて金をもらう乞食生活でしたので、文字通り”夢にも”です。

 

その後、ガイド業にも飽きて、アルハンブラ宮殿は数年に一回行く位でちょうどいいと思った筆者は、グラナダ市役所横で日本語情報センターを始めました。

 

マヌエル・カーノ先生に習おうと志して来たグラナダでしたが、現実は生活に追われ、正直思った事の5分の1も学べませんでした。それでも、先生や息子のホセ・マヌエル・カーノを始め、楽譜が読めず、レコードから耳コピした”カテドラル第3楽章”をスピード違反で、涼しい顔で完璧に弾きこなし、ラジオ体操代わりにしていたカルロス・サラテ。アルハンブラ宮殿で聴いたマヌエル・バルエコ。グラナダ市闘牛場で聴いた超音速パコ・デ・ルシア。家にはギターさえなく、一切練習せず、いきなりヨーロッパツアーを難なくこなす、大の練習嫌いのメルチョール・デ・コルドバ。滅茶苦茶上手いのに、食えなくて靴磨きをしていた、名もないジプシーのギタリスト。皆、強烈な印象を残してくれましたが、そこには常にスペインの旋律スペインギターがありました。

 

スペインギターは何か特別なスペインのギターではなく、スペイン製のクラシックギターフラメンコギターのことです。形や大きさが特別な訳でも何でもありませんが、響きが独特です。

 

一国の気候風土はその国民性、食文化、そして、楽器作りを決定付けます。どんな食品にも乾燥剤の入っていない、極端な乾燥気候のスペインでは、人もギターもお喋りが多くなります。従って、どんな安物ギターでもそれなりに乾いた音色がすること。重厚な音のクラシックギターでも、それなりに乾いた重さが感じられること。これがスペインギター全般に渡る一番の特色だと言えます。仮に日本や他の国々で全く同じ製作家が全く同じギターを作っても、その気候の故に違った音色になります。工法は真似出来ても気候は絶対に真似出来ない、このスペインの乾燥気候こそスペインギターの一番の特徴です。

 

だからこそ、私が30年過ごしたスペインから、このスペインギターを日本にご紹介します。

 

今日、残念ながら、日本でも名の知れた多くの有名スペインギターメーカーが100%中国で作らせ、自社のラベルを貼った100%中国製スペインギターを世界中に、そして、日本に100%スペインギターとして、相当数輸出しています。もちろん、日本の輸入元も100%スペインギターとして販売しています。確信犯です。これは筆者のスペイン滞在中、特に最後の10年間にギター業界の様々な人間から聞かされた確かな情報です。食品は産地偽装で摘発されても、100%中国製スペインギターはお咎めなしです。意図的にMade in Chinaと表記しないので、消費者には絶対分からないからです。残念ながら、スペインも日本も節操がないのがギター業界の現状です。

 

だからこそ、私が30年過ごしたスペインから、本物のスペインギター(クラシックフラメンコ)を人生の集大成として日本にご紹介します。国産も他の国のギターも感知しません。ましてや100%中国製スペインギターなど論外です。100%スペイン製スペインギターをご紹介します。

このページのトップへ戻る