スペインギター振興会 セファルディ【】

ハカランダ(中南米ローズ)以外の勧め

女性のハンドバッグとギターは多い方が楽しいものです。弾き慣れた曲も音色の違ったギターで弾けば、新境地が見出せ、演奏にも幅が出て来ます。今日はベンツで高速道路をぶっ飛ばし、明日は脇道をファミリーワゴンで走るのもまた一興です。

 

また、複数のギターを弾く事によって、段々と違いが分かる耳が養われます。

 

セファルディではハカランダ(中南米ローズ)以外にも、様々な独特の木材のスペインギターを順次紹介して行きます。初心者の方に、そして、気軽に弾ける2台目、3台目として,是非お勧めします。

 

以上は単に宣伝文句ではなく、総て私の個人的な経験に基づいての事です。それが証拠に以下、私が今まで収集した様々な木材のスペインギターを列挙してみます。

 

ハカランダ,ローズ,シプレス(糸杉),赤糸杉,くるみ,カラコリージョ,サビーナ,かえで(無地),虎目かえで,マホガニ,にせマホガニ,ゼブラ材,プラタナス,モンゴイ,樫の木など40本以上。次はサンゴ材チェリーの木の予定です。

 

師匠,故マヌエル・カーノ先生のギター収集病が移ったものです。先生は本当に病気でした。

 

皆さんもご一緒にどうぞ。まずはセファルディの看板“スペインの白いギター(クラシック&フラメンコ)をお試し下さい。

このページのトップへ戻る