ギターのサイズ・大きさ

誰でも自分の手に合ったギターが理想ですが、逆説的発想で、弾き難いサイズのギターの観点からこの問題を考えてみましょう。

 

私自身、1979年に最初のスペインギターを買いました。非常に良く鳴っていたので、殆ど衝動買いでしたが、すぐに後悔する羽目になりました。ネックの幅が広過ぎて弾き難く、手がすぐに疲れてしまうのです。もう少しネックの幅の細いのにすれば良かったと、つくづく思ったものでしたが、その同じギターが現在は全く手に馴染んでいます。実際、ネックの幅を測ってみれば、全く普通サイズ(最上部 52mm&12フレット部62mm)で、当初、私自身が未熟な故に、ネックの幅が広過ぎて、私には大きなギターだと勝手に確信しただけだったのです。

 

また、ある時、明らかにネックの薄いギターを手にする機会がありました。余りの弾き易さに驚いたのですが、更に驚いたのは、ネックの幅を測ってみると、普通より4mmも幅広く(最上部56←52mm&12フレット部66←62mm)、弦長も660mmと長目でした。

 

それから数年後、ある日本人が買ったばかりのフラメンコギターを持って日本語情報センターにやって来ました。バカでかい音量余りの左手の押え易さに驚きましたが、商売柄、すぐに指板の幅を測ってみると、最上部50mm&12フレット部60mm!! 普通サイズより2mmも狭い!! 押え易いはずだと思いましたが、次いで計った弦長は何と665mmの特大サイズ!! 一瞬考え込みましたが、結局、故意に弦長を長くして音量を追求し、弾き難くなったその分を、指板の幅を2mm狭め、ネックを薄くする事でカバーした、良く考えられたギターでした。指板とネックがすっきりしていれば、弦長665mmでも気にならないものだと思い知らされました。

 

従って、初級者は元より、多くのギター奏者は左手が押え難い、或は、指が届かないと、ネックの幅が広過ぎる、弦長が長過ぎると直感的に思い込んでしまうが、実際はネックの太さのせいであると言えるでしょう。そこで、私なりの結論ですが・・・。

 

左手が押え難いギターの一番の原因はギターのサイズではなく、指の長さでもなく、弾き手の未熟さ故にそう感じるだけである。それが証拠に、有望な小中学生達は大人用ギターを難なく弾きこなしていますし、手の小さな女性でもプロはいます。残りがサイズの問題だとすれば、一番の原因はネックが太過ぎる事で、以下、弦高が高い(弦張力が強い)指板の幅が広い弦長が長いなど、弾き難いサイズのギターの理由が挙げられます。

 

それでは、指板の幅を狭くすればいいと言うのはイージー過ぎます。余りに指板の幅が狭いと、弦を抑える際に指の腹が隣の弦に当り、発音を妨げ、極めて不自由だからです。やはり、一定の指板の幅は必要です。

 

つまり、上達すれば、少々のギターの大小は関係なくなると言えますが、やはり、初心者は悪い癖が付かない様に自分の手に合った弾き易いサイズを選ぶべきでしょう。

 

セファルディでは日本人の手のサイズを考えた、特にネックが薄めの弾き易いスペインギタを用意しています。左手を一派に広げた際の、人差し指と小指の先端の距離(14~16cm,etc)をお知らせ下さい。アドバイス致します。

このページのトップへ戻る