総括

その他、しっかりした作り内部構造、仕上げの美しさ塗装など、幾らでも述べることが出来ますが、一応これらがセファルディ良いギターの基本的な4項目(音量,音質,バランス,弾き易さ)です。

 

実際のところ、総てにおいて満足の行くギターと言うのは、如何に名工の作品でも中々ないものです。その意味では、ギターの選択はどこで妥協するかとも言えます。ただ、人によってその妥協点が高いか低いかと言う事なのです。そして、味とこくを聞き分ける耳が養われて来る程に、良いギターの妥協点は高くなります。

 

以上、良いギターについて木工ではなく、音の観点から述べた事に留意して下さい。

 

以前どこかの高校野球の監督さんが”野球は勝った方が強い“と言った事がありました。同様に、その調べによって、奏者も聴く人も豊かになるべきギターの最終目的から言えば”ギターは鳴った方が良いギター”なのです。ただし、鳴り方は音質を一番の判断基準にして下さい。

 

読者の皆さん一人一人が良いスペインギターに出会うことを切に願います(代表)。

このページのトップへ戻る